蛍火の杜へ ほたるびのもりへ 恋は儚い人の夢

蛍火の杜へ』(ほたるびのもりへ)は、緑川ゆきによる日本の漫画作品。が山神の森で出会った銀髪で面をつけた少年。高校生のような見た目をしているが、成長は人間よりもずっと遅く、蛍が高校生になっても彼の姿はほとんど変わらない。妖怪でも人間でもない存在で、人に触れると消えてしまう。元は人の子だったが赤ん坊の頃森に捨てられ、それを憐れんだ山神の妖術で生かしてもらっているという。だけでなく森に住む他の妖怪からも慕われている。
舞台となる山神さまの住む森や神社も神秘的でいて夏の暑さがつたわってくるような淡い色調で新緑がまばゆく美しい。ギンのシャツやの顔に木々の間から差し込む夏の光が映っているのもリアリティがある。そして終盤は本当に夏の終わりを、物語の終わりを感じさせる寂寥感あふれる淡い映像に変わっていく。本当に素晴らしい。
蛍火の杜へギンコスプレ衣装新入荷、高品質の念を抱いたため、高な雰囲気を醸し出します。値段によりよい『蛍火の杜へコスプレ衣装の購入ができますよ。「CC屋」(CCYA)