斉木楠雄のΨ難 実写映画を楽しみに。

斉木楠雄のΨ難』とは、週刊少年ジャンプで連載中の漫画作品。 前身は不定期連載の『超能力者斉木楠雄のΨ難』。

超能力を持つ高校生・斉木楠雄を主人公としたギャグ漫画。主人公の斉木は台詞を一切喋らず、斉木のモノローグのみで淡々と話が進んでいくのが特徴。
もともとは『超能力者斉木楠雄のΨ難』という読切がベースとなっており、この読切はジャンプ本誌でなんと7回に渡って掲載された。その後、単行本の発売を経て、『斉木楠雄のΨ難』とタイトルを変えて正式な連載となった。
斉木は自身が超能力者であることがばれないように、目立つ事を避けて生活している。しかし、斉木は学校で究極のバカ・燃堂力中二病患者・海藤瞬に付きまとわれるようになる。さらに斉木の超能力をイリュージョンと勘違いした蝶野雨緑も斉木を師匠として慕うようになる。ちなみにTVアニメ化よりも早く実写映画化される事が決定した。
斉木は周りのみなを迷惑と思うけど、皆を理解させている。これは大切な物だ。実写映画を楽しみに。「CC屋」(CCYA)