「モノノ怪」よって皆々様に真と理をお聞かせ願いたく候

モノノ怪」のあらすじはモノノ怪を斬ることのできる退魔の剣を携えて、諸国を巡る謎の男・「薬売り」。彼がモノノ怪の形と真(まこと)と理(ことわり)を明らかにし、退魔の剣でモノノ怪を退治していく物語。
和風ベースの世界観を展開するための和紙のような質感と独特な背景美術、鮮やかな色彩。
今まで見てきた全てのアニメの中で最も「高画質で見たいアニメ」という印象。凝り過ぎてて1クール作画が持つのかと心配するレベル。もはや芸術的映像と言っても差し支え無い出来。
面白さを支えている一つの要素は声優の櫻井 孝宏(さくらい たかひろ)演じる主人公・「薬売り」さんの圧倒的存在感でしょうか。
奇っ怪な風体、オドロオドロしい独特な口調、一体こやつ何者なんだと問いたくなる禍々しいオーラ。しゃべり方が独特で不思議な緊張感を生みます。アニメにおける重要なファクターの一つに「キャラの立ち具合」が挙がると自分は思っているのですが、それに関して文句なしにトップレベルです。「CC屋」(CCYA)